第8回 ESR夏の学校のお知らせ

概要
講義タイトル「スピン化学の基礎と実践」のもと、「ESR序論:分光法としてのESR」、「有機半導体材料とデバイスのESR」、「生体内ラジカル反応:活性酸素」について、基礎から実践への繋ぎをしっかりと勉強する。講義の間には、講師を含めた参加者の研究紹介を行なう。参加者相互の親睦を図ることも本校の重要な目的の一つであり、すべて泊まり込み方式で行う。なお、入門編については、SEST学会HPの「入門セミナー」(http://www.sest.gr.jp/) を参照のこと。 

会期
2010年7月28日(水)~30日(金)12:30

会場
「京都トラベラーズ・イン」 (京都市左京区岡崎円勝寺町91)
(Tel:075-771-0225:http://www.k-travelersinn.com/

講師

○山内清語先生
(東北大多元研)
ESR序論:分光法としてのESR
○丸本一弘先生
(筑波大、JSTさきがけ)
有機半導体材料とデバイスのESR
○山田健一先生
(九州大薬学研究院)
生体内ラジカル反応:活性酸素


参加者
大学院生 (分野・学年を問わず、学部学生・ポスドクも相談に応ず)

参加申込方法
1. 氏名(ふりがな)、2. 所属・研究室名、学年、3. 連絡先(研究室住所、電話番号、e-mailアドレス) を明記して、e-mailにてお申し込みください。
学生、院生の場合は、できるだけ研究室単位でとりまとめてお申し込みください。

締切
6月4日(金) 定員(30名)になり次第締め切り 

参加費
18,000円 (ポスドク28,000円、宿泊費などすべてを含む)



問合せ・申込先
〒152-8551
目黒区大岡山2-12-1, 東工大院理工 化学専攻 三宅祐輔
e-mail: ymiyake@chem.titech.ac.jp 
TEL: 03-5734-2231


主催 電子スピンサイエンス学会

関連LINK